疲れました。

昨日は以前から書いていたように、田舎の風習に従って長男の嫁さんの披露を近所の人にしました。

昨年の7月に結婚したからもう良いようなものですが、田舎ゆえにしないって事も出来ずに私が退院が出来る日と兼ね合わせて設定するのに悩みました。
(1ヶ月前から近所にふれて行かないといけないので、日程が決めにくいのです。)

かろうじて4日前に退院出来たのでセーフでした。

近所のご婦人の人達約60人が自宅に集まって嫁さんを披露します。
その時、この地区独特の”おいり”を差し上げます。
時間はAM:8.30位から集まってきて桜茶を出しおいりを差し上げ、9時にお嫁さんがみんなの前に出て行き5分くらいで解散なんですけど。

披露をしていないと、今後〇美ちゃんがやりにくい事もあろうかと行ないました。

いたって地味婚でこんなに疲れるものなのに、大勢の人を招いた本格的な結婚式をするところはどんなに大変だろうと思いました。

疲れましたが、気になっていた披露が出来てよかった。(^^)V
○美ちゃんは本当に綺麗でした。

c0002343_1440494.jpg

[PR]
by myu926 | 2005-01-09 14:43 | ひとりごと
<< 祝成人の日 ごめんなさい。 >>